情報工学科では、情報工学に関わる基本概念や基本知識、そして基本スキルをしっかり学ぶとともに、卒業研究などを通じて、高度なプレゼンテーション能力や問題発見能力などの社会的知能レベルの向上に向けたカリキュラムが用意されています。一方で、教員全員で行う就職活動の親身な支援体制も本学科の大きな特徴の一つです。
 芝浦の学生は、「基本がしっかり身についており堅実な技術者」として社会から高い評価を得ており、企業からの求人数は、例年就職希望者の10倍以上にあたる千数百件にものぼります。したがって、就職率はほぼ100%に達しています。
 
 大学院進学率は概ね20〜30%です。技術が高度化するのに伴い、社会が技術者・研究者に求める要求も、高度化しています。この要求に応えるために、大学としても進学しやすい環境を整えるための施策を進めています。
 3年までの学業成績による学年の順位が1/2以上の成績を修めた学生には、筆記試験が免除となる学内進学の制度があります。その他に9月と12月の一般入試を受験して進学する機会があります。大学院進学者は、より深い研究の醍醐味を味わったり、学会発表などで鍛えられることになります。また、大学院で学んだ経験を活かせば、就職の際にも有利になるでしょう。
 
 
目指せる資格
中学校教諭1種免許状数学
高等学校教諭1種免許状数学・工業
システムアドミニストレータ
ソフトウエア開発技術者
テクニカルエンジニア
情報セキュリティアドミニストレータ
アプリケーションエンジニア
システム監査技術者
基本情報技術者
技術士
主な就職先
NEC
日立製作所
東芝
キヤノン
セイコーエプソン
オリンパス
富士写真フィルム
ニコン
京セラ
セガ
本田技研
IBM
日本ヒューレットパッカード
NTT東日本
NTTデータ
日立情報システムズ
NEC通信システム
KDDI
大日本印刷
凸版印刷
日本総研
野村総研